自分の着物に合った帯選びのポイント

着物には帯が必要です。着物を購入したり譲り受けたりして着ようとする際にはどうしても必要になるものですが、いざ選ぶとなると種類がたくさんあって迷うことがあります。自分が持っている着物に合わせたいと思った場合に、なにを基準に選べばよいのでしょうか。また、着物と同じように格のようなものがあって、TPOに合わせて変える必要があるのでしょうか。答えは、「はい」です。着ていく場所によって着物の格がかわるように、その着物に合わせた帯を締める必要があります。選ぶときのためにいくつかのポイントがありますのでご紹介していきます。それは、先ほど述べたように格を合わせることと、着物とのコーディネートを考えるということです。実際に着る際の参考にしてみてください。

着物の種類と格を合わせて選ぶこと

着物には種類があり、格と呼ばれています。礼服として着るもの、おしゃれ着として着るもの、普段着として着るものはそれぞれ明確に分けられています。帯の種類にも、丸、袋、名古屋、半幅と呼ばれるものがあります。具体的にはこれらはどのように合わせるのでしょうか。まず、礼服として着る振袖や留袖には丸を合わせます。最近では袋を合わせることもあります。袋には金糸や銀糸をあしらった豪華な物からカジュアルなものまでありますが、礼服や、改まったときに着る訪問着などには、豪華なものを合わせるようにしてください。名古屋は、おしゃれ着として着る小紋や普段着の紬などに合わせると良いでしょう。中には略礼装としてつかうことが出来るものもあります。半幅は浴衣に合わせることが多いですが、普段着として締めるなら小紋や紬に合わせても構いません。

着物とのコーディネートを大切に

格があったとしても、着物そのものとの雰囲気が合わないのでは台無しになってしまいます。これは洋服を着るときでも同じかと思いますが、選ぶときには、実際に着物と合わせてみて、色柄や自分が持っている着こなしのイメージと合うかどうかを確認してみてください。これから購入を考えている場合は、着物を店舗に持ち込んで相談してみることもできます。すこし面倒に感じるかもしれませんが、そのほうがお店も商品を勧めやすくなりますし、買って帰ってからやっぱりイメージが違うなどの失敗を防ぐことが出来ます。高額の買い物になりますので、後悔しないように選ぶことが大切です。また着物には季節を表していたり、物語を表していたりするものがありますので、季節感や世界観を合わせて選ぶのも素敵です。格を合わせることと、コーディネートに気を付けて、自分らしい着こなしを楽しんでください。