初心者でも迷わない帯の選び方とは

着物は持っているけれど、他の小物をどう選べばいいのかわからない・・・。そんなことはないでしょうか。着物は長生きなので、大切にしていれば、一つの着物を何代にもわたって使うこともできます。ただ、和装にはたくさんの小物が必要になります。着物を着るときの必需品の一つが、帯。最近は、着物本体しか持っていないという方などのため、衣装屋さんで和装用小物の単品レンタルなども可能です。でも、どんなものを選べばよいのか?着物に合わせるには、ここをおさえれば大丈夫、というポイントがいくつかあります。初心者の方でも、大事なポイントに気を付けていれば、着物用の小物や色選びは決して難しいものではありません。せっかくの和装、大事なところだけ注意して、あとは自分好みに楽しんでしまいましょう。

ベースの色はゴールドかシルバーのものを

はじめて帯を選ぶのであれば、全体が金、もしくは銀のものを選ぶとよいでしょう。ベースの色としては一番多いもので、どんな色の着物にも違和感なくなじみます。どちらがよいかと悩まれるかもしれませんが、ここは好みで選んでもらって問題ありません。ただ、それぞれをあてたときの雰囲気の違いをあげると、金系は豪華で華やかな雰囲気になり、写真映えもするので、お祝い事の席などにぴったりです。銀系は金系よりは少し控えめな感じになりますが、涼やかで、金よりもしまりのある雰囲気に仕上がるかと思います。着物を着る場も考慮に入れつつ、どちらのほうが自分の好みや理想に近いか、考えてみましょう。まずはお持ちの着物に合わせて、実際に体にもあてながら、イメージを確かめてみてください。

メインの柄を引き立てるものを選ぶ

着物と同じく、帯にも柄があります。多くは、花柄や、波模様、幾何学模様など。ものによってはとても華やかなものもありますが、気を付けてもらいたいのが、単品で見た印象だけで決めない、という点。着物とわかれた状態で見たときとても好みだったとしても、いざ着物に合わせてみると、主張が激しすぎて着物のメインの柄の邪魔になり、アンバランスになってしまうことがよくあるのです。おすすめとしては、柄に入っている色が着物の中にもあったり、着物にあるのと同じ花が入っているなど、メインとなる着物と近い要素があるものを選ぶことと、着物の柄よりも派手な雰囲気のものは避けること。このあたりを忘れないようにして選べば、まとまりのあるコーディネートになります。せっかくの和装ですから、お持ちの着物、選んだ着物を、より美しく見せてくれる一本を選びましょう。