どのような帯が自分の着物に合うのか

着物の帯は一つの芸術品です。しかし気に入ったものがあるからといって、必ずしも自分の着物に合うものではないこともあります。また、分かる人から見れば「あの組み合わせはちょっとおかしい」と思われてしまいます。せっかく着物を着るのに、常識がない人と思われると恥ずかしいですよね。しかしそのコツさえ理解すればすてきに着こなすことができます。着物との組み合わせ方でがらりと印象が変わりますのでたくさんのバリエーションを楽しむこともできます。例えばジーンズは作業着なのでフォーマルで着るのは相応しくないように、帯にも格があります。合わせ方にもコツがありますので詳しく説明していきます。それでは、誰の目にもすてきに着こなす着物美人を目指してまいりましょう。

どのような着物と合わせるのが相応しいか

現在では着物というとちょっとしたお洒落着のように思われていますが、冠婚葬祭で着るようなもの以外は普段着と見なされます。大島紬、結城紬もお値段は非常にはりますが普段着として扱われ、フォーマルな場では相応しくありません。ジーンズで例えるとビンテージものといったくくりになるでしょう。おしゃれで値段も高いのですがやはり場を選ぶ必要があるというわけです。そのような着物に格の高いものを締めるのはいけません。名古屋、半幅帯、洒落袋を締めましょう。また、柄や色も格に関係しています。古典柄、金銀の糸を使ったものは格が高く、現代柄や遊びのある柄などは格が低いと見なされています。このように着物と格を合わせるのが、選び方の基本です。好き勝手に締めて良いものではないということです。

着物の種類と合わせ方のバリエーション

まずは紬と小紋の見分け方を説明します。紬は先に糸を染めてから織られた着物です。おしゃれな場にも着ていけます。一方小紋は、白い布を染めて絵付けしたものです。紬は幾何学模様が多いのに対し、小紋は曲線を用いて花など描かれていることが多いです。また、紬は表面がでこぼこしているのに対して、小紋は表面が滑らかです。(大島紬はあまり表面がでこぼこしていませんが)では色の合わせ方を説明します。オーソドックスなのは薄い色に濃い色のものを締めると、引き締まって見えます。無地の紬には季節感のある柄のものを合わせるとポイントになります。博多織のようにすっきりとしたものも紬によく合います。同色系にすると着物の方にも目が行きやすくなります。着物と一緒に並べてみて自分らしいコーディネートを探してみましょう。