自分の着物に合った正しい帯の選び方

着物は、日本の伝統衣装として昔から受け継がれているものです。最近では洋服がメインとなってしまっていることもあり、着物をきる機会も少なくなってしまいました。しかし、洋服とは違い流行り廃りがないので、保管をきちんと行い大切に使うことによって、親から子へと受け継いでいくことも出来ます。サイズも細かく分かれていないので、多少の体型の違いであればきれいに着こなすことが出来ます。着丈が合わなかったり、身幅が合わない場合でも縫い直しを行うことで、多少のサイズ変更は可能なので、きちんとメンテナンスをして、キレイな状態を保ち、代々受け継いでいくのも良いでしょう。着る人の年齢や、着ていく場面に合わせて帯を変えることで、雰囲気を変えて着ることが出来るのも魅力です。

着物の種類と合わせる帯について

着物には、たくさんの種類があり、種類によって合わせる小物も変わってきます。着物の種類は格と呼ばれていて、それぞれの格によって小物の合わせ方が異なるだけでなく、着ていくことが出来る場面も異なります。最も格が高くかしこまった場面に着ていくことが出来るのが礼装と言われる種類です。礼装には、振袖や留袖があります。振袖は未婚者、留袖は既婚者が着ることが出来ます。金糸や銀糸を豊富に使用した小物を合わせるのが一般的です。準礼装と言われる種類には、訪問着があります。二重太鼓にしてシンプルなコーディネートにすることで、入学式や卒業式などの式典にも着ていくことが出来ます。柄が華やかなものであれば、披露宴への参加も可能です。小紋などのカジュアルなものは八寸名古屋などでお太鼓結びが一般的です。

着物に合わせたコーディネート作り

着物を持っていたり、親の着物を若々しい雰囲気にしてきたいという場合には、小物をアレンジすることがポイントです。自分の持っている着物に合わせて、適した帯を探すときには、まずは着物の格を知ることが大切です。格の高い着物と、カジュアルな着物では、合わせる小物が異なってきます。また柄や地の色によっても、似あう小物の色合いや柄も異なります。呉服店で購入する場合には、持っている着物を持って行くと、それに合わせたコーディネートの提案をしてもらうことが出来るので、可能な限り持って行くようにしましょう。また、使用の目的や着ていく場面によってもコーディネートは変わってきます。あまり華やか過ぎてしまうと、着ていく場所が限られてしまうので、使用目的をはっきりとしておくと良いでしょう。

サービス概要、着物を愛するお客様のニーズにお応えし、魅力的な着物との出会いがあるよう多くの着物をご用意しています。 日本最大級の「着物」インターネット通販サイトです。 運営実績12年、お仕立ても安心しておまかせください。 お仕立て上がり袋帯は2万9千8百円からです。 着物のファンの方に担当者別のコーナーを掲載して部類分けして販売しているので着物選びがよりしやすくなっているのが、他社との違いです。 帯で変わる着物の印象!